さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

お問い合わせ

マタニティー歯科

mata

HOME > マタニティー歯科

こんにちは、赤ちゃん

ひまわり歯科では、安心して出産を迎えられるように、お手伝いします!!

妊娠のあとの、一大イベントが出産ですね。

出産すると、赤ちゃんを預けられなくて、歯科医院に、来られない人は多いです。

昔は、子供を一人生むたびに、歯を一本失うって言われた時代もありました。それぐらい、歯をこの時期に悪くしてしまう方は多いです。

これは、非常に残念なことです。

妊産婦歯科検診に来れば、プレママの歯の悪いところを早期発見でき、赤ちゃんに虫歯菌が感染しないで、安心して出産に迎えられます!!

マタニティー歯科では、これから赤ちゃんを迎える、プレママをサポートしています!!



託児サービスは、水曜日、金曜日に行っておりますので、お子様連れでの場合、そちらも是非ご利用ください。

お子様は、満1歳からお預かりいたしております。

 

歯のこと、歯肉のこと、歯並びのこと、口臭の事、、、何でも気なることが御座いましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

たとえば、

「私は、歯並び悪いので子供も悪くなる?」

「私が、虫歯多いから子供もそうなるかな?」

「 赤ちゃんが、歯磨き嫌いなんだけど、どうしたらいい?」

 「ん?」

 なんでも良いです。

 

 

 

 

 

よくある質問

Q.妊娠中でも、治療できますか?

A.できます。安定期の4ヶ月から8ヶ月なら、ほとんどの治療ができます。

 

Q.レントゲンは大丈夫ですか?

A.大丈夫です。歯科分野では、特殊なCTとかを撮影するのでなければ、おなかの赤ちゃんに全くと言っていいほど問題御座いません。

 

*

参加無料

月に一度のもぐもぐサロン

 

●母親教室「もぐもぐサロン」があります。
「子どもをむし歯にしたくないのに、歯磨きをさせてくれない」
「フッ素は塗った方が良いの?」
「歯並びは遺伝するって本当?」
そんな心配はありませんか?

見沼区ひまわり歯科では、院長がそんな悩みにお答えします。
診療とは違う雰囲気の中で、気軽にお話ししませんか?
参加費は、無料、お子様連れの参加も大歓迎です。
もぐもぐサロンは毎月開催いたしております。
お問い合わせ、お申し込みは受付までどうぞ!
●子供の健康な口腔内の構築について
 ママの虫歯と子供の虫歯の相関関係について、、、。
母親に虫歯がある場合、子供が2歳になったとき圧倒的に母親に虫歯が有る方が子供に虫歯が多いというデータがあります。つまり、これから生まれてくる子供は、母親の口腔内と子供の口腔内が似てきてしまうということです。

また、乳歯に虫歯があある場合、永久歯にも虫歯菌が移動すると虫歯になってしまいます。

子供に虫歯菌を感染させないように一緒に頑張っていきましょう!!
●こまめな口腔内ケアが歯を健康にさせていきます。
  • つわりで全く歯磨きができない場合は、無理して行わず、
    こまめなうがいでしのぎましょう。出産したらまたいつもみたいに敢行しよう!!
     

●妊娠中の治療に最適な時期とは

 

妊娠中は安定期の治療がいちばんお勧めです。出産するとしばらくは治療に通えないので、妊娠中に治せたらいいですね。
  • 1期|妊娠初期
    4ヶ月(15週)まで
    妊娠4〜8週の治療は特に慎重に取り組み、12週までの処置はできるだけ診査や治療計画、歯みがき(ブラッシング)指導まででとどめます。
    歯の痛みや歯茎の腫れなどの急性症状がある場合は応急処置を行い、本格的な治療は安定期に入ってから開始するようにしています。
  • 2期|妊娠中期
    5〜7ヶ月(16〜27週)
    ほとんどの歯科治療ができます。
  • 3期|妊娠後期
    8ヶ月(28週)以降
    大きな治療を避けて、応急処置にだけいたします。おなかも大きくなり、治療には適していない時期です。