さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

ドクターが返信します

お問い合わせ

メディア掲載情報

media

HOME > メディア掲載情報

メディア紹介

      N1-168
今回の座談会。このような会議に出てくる歯科医師は熱心ですね。

N1-091
少し緊張気味の院長


IMG_4628

頼れる歯医者さん2013という本に当院が紹介されました。

私がこの本を通して言いたかったことは、治療をした歯は、治療をしていない歯に比べ、再度虫歯になりやすいという事です。なので、一番大事なのは虫歯を作らないこと。作ってしまったら、最良な治療を受けることです。
そして、むし歯や歯周病は正しい歯磨きをしていれば悪化する速度は極端に低く抑えられます。
みなさん、一緒に頑張っていきましょう!!
って言う事です。

IMG_4627
歯は、治療すればするほど小さくなってしまうんです。
なので、再治療にならないような丁寧な治療と、治療後の予防が大切なんです。
asd
↑このように再治療を繰り返すたびに歯は弱くなっていき最後には抜歯になってしまいます。

座談会では、何時間もみんなで話し合いました。
歯周病も早期のうちに発見し、手を打てば悪くなるのを防げます。
虫歯も、歯周病もとにかく早期に発見するのが大事です。

IMG_4626
私の発言も相当したのですが、皆さんと同じように20行ぐらいにまとめられています。他の歯科医師の発言も同じようにまとめられてしまっています。

fvg
↑例えば、一回治療したこの歯は、他の治療していない歯に比べるとはるかに虫歯になりやすいのです。

avgz
↑銀の詰め物と、歯の間が虫歯になっていました。黒い所が虫歯です。こうならないことが大事なのです。


とにかく、歯は、小さいうちの虫歯の場合、削らないのが一番なのです。そして、経過を見て行って、悪くなる場合は治療介入すればいいのです。