さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

お問い合わせ

虫歯治療

decayed

HOME > 虫歯治療

コンポジット レジン修復法(CR修復)

c05f88b7 ab1a0a82

治療前                                               治療後

 

 

Q.保険が効くの?

A.効きます

 歯の治療で、保険が効くか、保険が効かないで全額自費治療になってしまうか、患者さんにとっては、大変気になるところだと思います。もしかしたら、奥歯の白い詰め物は、保険が効かないと思い込んでらっしゃいませんか?

 いいえ、そんな事は、ありません。奥歯でも、前歯でも、保健内で白い詰め物を詰めることはできます。白い詰め物を詰める治療法を、コンポジットレジン修復法といいます。保険内でCRレジン修復法を行った場合、外れやすいとか、そんなことは有りません。

 昔と今

 以前は、虫歯になったら金属の詰め物(銀歯・インレー)などで修復するのが主たる治療法でしたが、ひまわり歯科では、金属のインレーは基本的に行っておりません。コンポジットレジン修復法とは、このような治療で、例外として、以前通っていた医院で銀歯・インレーを作ってしまった場合は、やむを得ず、銀歯のインレーになってしまうこともあります。ですが、奥歯でも、前歯でも、歯が基準以上に残っていた場合、コンポジットレジン修復で、虫歯治療はできます。

dfgavg

↑インレーとは、このように一部金属で被覆する詰め物です。

 
CR接着修復法のしくみ

虫歯の治療というと、患者さんからしてみたら、今までは、キーンという甲高い音のする嫌なドリルで、歯を大きく削るというイメージがあったかもしれません。実際に治療のために健康な歯を削る場合も多かったです。しかし、今、CR修復治療を受ければ、最小限歯を削合するだけで、大丈夫なのです。

そして、歯にくっつく接着剤の進歩により、今の虫歯治療は大きく変わりつつあります。歯に接着剤なんか簡単につくよと言ってる方、そんな簡単じゃ無いんです。歯は濡れているので基本的に接着剤はくっつかないんです。でも、不可能を可能にするのが人類なのです。

接着技術の向上によって、今までは金属を流し込むのに必要な所は、削らないといけなかったのですが、そこの部分だけ削合すればよくなりました。


 CR・コンポジットレジンは、現在、虫歯治療などで広く普及している、白い詰め物です。

 他院では銀歯になってしまう虫歯も、当院ではコンポジットレジンを充填することにより、一回、あるいは複数回の治療で銀色ではなく、白い色に修復してきた実績があります。(残念ながら、すでにインレーが入ってしまってる場合は、インレーがまた入るかもしれません)

 コンポジットレジンは、固まらせる前の状態では、柔らかい、泥状ですが、青い光をあてると硬く固まる性質があります。

 この性質を使い、色々な歯の形を作り虫歯治療をおこないます。

 コンポジットレジン接着修復法(CR充填)は、ここ10年で接着力が増して、適用範囲が増えました。歯科医師のテクニックに大きく左右される部分が大きいため、現在はまだ隣接面を治療できる歯科医師は極限られていて、当院で普通に保険内治療できる歯でも、他院に行くと保険外治療(自費治療)になってしまうことも多いです。

 

 

まとめ

他院で断られたケースも、当院でしたら、治療できるかも知れません。

 

 私は、仲村勝文、東京医科歯科大学教授が院長を務めている医院のもとで研鑽をつみましたので、お任せください。また、院長でなくても、当院の歯科医師なら隣接面カリエス(歯と歯の間の虫歯)は、CR充填(レジン充填)できます。

 CR充填では、接着力の向上により、今までの治療法では歯を大きく削ったりする必要があった歯でも、歯にとって少ない侵襲性で一回あるいは、複数回で終わることができる歯にとっても優しい治療です。

なので、今まで、治療法にためらいがあった方でも安心です。

 

 

それでは、治療に関するお問い合せは、こちらまで。

 

当院に、このページを見て予約する場合は、必ずお電話で

「コンポジットレジン充填(じゅうてん)」のページを見た。

と、おっしゃってから予約してください。