さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

お問い合わせ

むし歯治療

decayed

HOME > むし歯治療

 コンポジット レジン修復法(CR修復)

Q.保険が効くの?

A.効きます

 歯の治療で、保険が効くか、保険が効かないで全額自費治療になってしまうか、患者さんにとっては、大変気になるところだと思います。もしかしたら、奥歯の白い詰め物は、保険が効かないと思い込んでらっしゃいませんか?

 いいえ、そんな事は、ありません。奥歯でも、前歯でも、保健内で白い詰め物を詰めることはできます。白い詰め物を詰める治療法を、コンポジットレジン修復法といいます。保険内でCRレジン修復法を行った場合、外れやすいとか、そのような事は一切御座いません。

C2dsf  ↑この奥から2番目の歯は、虫歯です。虫歯の治療というと、患者さんからしてみたら、今までは、キーンという甲高い音のする嫌なドリルで、歯を大きく削るというイメージがあったかもしれません。実際に治療のために健康な歯を削る場合も、インレー(小さい銀歯)の場合は、コンポジットレジンの治療に比べれば確実に多いです。しかし、今、コンポジットレジン(CR)修復治療を受ければ、最小限度、歯を削合するだけで良いのです。それを、ミニマムインタベーション(MI)と言います。harrow-f19

DSC_0651

歯を削って、中を見てみると、黒くなっています。黒いところは、虫歯菌によって汚染されています。harrow-f19

DSC_0653-001

 虫歯菌に感染した所のみ、虫歯だけが削れる特別なドリルで削合しました。 コンポジットレジン修復の良いところといえば、極論を言えば、虫歯菌に感染した歯質のみを削るところなのです。ですので、歯を沢山、削る必要は有りません。harrow-f19 DSC_0654

 コンポジットレジンで埋めて、光照射をして固めました。現在では、歯にくっつく接着剤の進歩により、虫歯治療は大きく変わりつつあります。歯に接着剤なんか簡単につくよと思っていらっしゃる方、実はそんな簡単では無いのです。

 電子顕微鏡で観察すると、歯は濡れているので基本的に接着剤とくっつきません。しかし、不可能を可能にするのが我々人類なのです。濡れていてもくっつく接着技術の向上によって、今までは金属を流し込むのに必要な所は、削らないといけなかったのですが、そこの部分だけ削合すればよくなりました。CR・コンポジットレジンは、現在、虫歯治療などで普及しつつある白い詰め物です。コンポジットレジンは、固まらせる前の状態では、柔らかい、泥状ですが、青い光をあてると硬く固まる性質があります。この性質を使い、色々な歯の形を作り虫歯治療をおこないます。

昔と今

 以前は、虫歯になったら金属の詰め物(銀歯・インレー)などで修復するのが主たる治療法でしたが、ひまわり歯科では、金属のインレーは基本的に行っておりません。(基本的に行っていませんが、応用的には行う場合もございます)。コンポジットレジン修復法とは、前述のように歯にいい治療で、例外として、以前通っていた医院で銀歯・インレー・アンレーを作ってしまった場合は、やむを得ず、銀歯のインレー・クラウンになってしまうこともあります。ですが、奥歯でも、前歯でも、歯が基準以上に残っている場合、コンポジットレジン(CR)修復で、虫歯治療はできる事が多いです。けっこう多くの方は、歯の治療といえば、歯を削って型を取って、金属を入れるという治療を、想像する方が多いかと思います。でも今では、いわゆる銀歯は、良い治療法だとは歯科医師は殆ど誰も思わなくなりました。 

 自分の家族が虫歯になったら、技術の高い歯科医師でしたら、誰もインレーを選択しないでしょう。銀歯に使われているパラジウムという金属は、ヨーロッパでは体に有害だとされて、ドイツを筆頭に人体に使用することを禁止されています。「銀歯の金属の色は、歯の自然な色合いから大きくずれてています。笑ったりしたとき銀が見えたら嫌ですよね。その上、銀歯はたくさん自分の歯を削らなければ、セットすることができないのです。
  そこで、最近開発されたのが、コンポジットレジン修復という治療法です。その部分に接着剤を塗り、レジンという樹脂を流し込み、特殊な光を当てて固める治療法です。


 治療の際、歯に与える悪影響も最小限に済みます。(歯というのは、削れば削るほど神経に悪影響がでます)

 治療回数も今までとは違い、1から2回で終わることが多いですね。

123456789 (5)

↑インレーとは、一番奥の歯のように一部金属にする治療です

CR接着修復法のしくみ





  ここでは、ひまわり歯科院長の最も得意とされ、最も症例の多い、コンポジットレジン修復という、治療方法について説明していきます。

 他院では銀歯になってしまう虫歯も、当院ではコンポジットレジンを充填することにより、一回、あるいは複数回の治療で銀色ではなく、白い色に修復してきた実績があります。(残念ながら、すでにインレーが入ってしまってる場合は、インレーがまた入る事も多いかもしれません)

 

 コンポジットレジン接着修復法(CR充填)は、ここ10年で接着力が増して、適用範囲が増えました。歯科医師のテクニックに大きく左右される部分が大きいため、現在はまだ隣接面を治療できる歯科医師は極限られていて、当院で普通になってしまうことも多いです。


この様に、コンポジットレジン治療は、その症例を選べば、歯に最もよい治療なのです。
この治療は、患者さん満足も高いです。

口の中の歯に、直接特殊な接着剤を塗り、コンポジットレジンを詰めていくので、高度な技術が必要ですが、私は臨床教授のもとで研鑽を積んだので心配しないでいいです。

 

 

 

その2 インレーの下で2次虫歯になった場合

 123456546 (1)

インレーの中で2次虫歯になっているので、インレーをこれから外します。保険のインレーは、どうしても2次虫歯になりやすいです。それは、金属は、絶えず伸びたり収縮したりを繰り返すので、歯と金属の間のセメントが劣化しやすいのです。どうしても、インレーしか選択肢がない場合は、保険外のインレーもおすすめです。精密に作られたなら、セメント層が薄くなるからです。

 harrow-f19123456546 (2)

 インレーを、はずしました。黒いところが2次虫歯です。

harrow-f19

123456546 (3)

2次虫歯になっているところを、完璧に全て削合しました。

  harrow-f19123456546 (4)

レジンを積層充填で詰めて、研磨して終了です!!

その3 隣接面が虫歯の場合

 

 

 123456789 (5)

歯と歯の間が虫歯になっています

 (奥から2番目の歯と3番目の歯の間)

harrow-f19

  123456789 (6)

虫歯になっているところを削合しました。

 

harrow-f19

 

123456789 (7)

虫歯菌に感染しているところを、カリエスチェックという、特殊な液体で染め出しました。

ここに、虫歯菌が住んでおり、これを取り残してしまうと、2次虫歯の進行が早くなってしまいます。

harrow-f19

123456789 (1)

カリエスチェックに染まったところを大体削合したところ。

 

harrow-f19

 123456789 (1)

隣の歯とくっつかないように、メタルのストリップスを使って隔壁します。

これがうまくいかないと、歯間ブラシが入らなくなってしまいます。

 

harrow-f19

 

   123456789 (2)

ピカピカに磨いて終了です!!

完治です!!

 

まとめ

他院で断られたケースも、当院でしたら、治療できるかも知れません。

 

 私は、中村勝文、東京医科歯科大学教授が院長を務めている医院のもとで研鑽をつみましたので、お任せください。また、院長でなくても、当院の歯科医師なら隣接面カリエス(歯と歯の間の虫歯)は、CR充填(レジン充填)できます。

 CR充填では、接着力の向上により、今までの治療法では歯を大きく削ったりする必要があった歯でも、歯にとって少ない侵襲性で一回あるいは、複数回で終わることができる歯にとっても優しい治療です。

なので、今まで、治療法にためらいがあった方でも安心です。

 

当院では、ご近所にお住まいの方を募集しております。ご近所とは、自転車で来られる範囲です。

このHPを通して、遠方にお住まいの方の募集をしているわけでは御座いません。当院は、町医者ですので、遠方よりレベルの高い治療を期待して御来院なさらないでください。あくまで、自転車通院可能なご近所にお住まいの方へ向けての情報発信でございます。

一番大切なことは、歯を最小限削合するのではなく、そもそも、削合しないでいいお口の環境を、患者自身で獲得することです。そのために一番大事なのは、定期検診です。

 

近くにお住まいの方は、定期検診に移行しやすいです。

遠くの方は、治療にいらっしゃるのですが、定期検診に来られない場合も多いです。

 

なので、私は、責任をもって歯科治療を行うので、それに答えてくださる患者さんを募集しております。

当院で治療完了し、定期検診に移行していきたい方を募集しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、治療に関するお問い合せは、

 こちら↓images↑クリック!!までお願いします。

 必ず、このフォームから、お問い合わせ下さい。受付に、お電話いただいても歯に関する質問には答えられません。当院では、ご近所にお住まいの方を募集しております。町医者ですので、遠くからの御来院なさる方に対応できていません。ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

当院に来たことのない方は、必ずこちらをクリックしてから来て下さい。!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小さな銀歯(メタルインレー)の内部が、2次虫歯になっているので修復治療を行いました。

vgafbvg

↑この銀歯(メタルインレー)内部が虫歯だと分かりましたので、メタルインレーは外さなければならないです。感染歯質はインレー除去しなければできません。なので、これを外します。

harrow-f19

bgsaeg - コピー

↑メタルインレー(小さな銀歯)を外すと、内部が飴色(茶色)っています。ここに虫歯菌が住み着いているのです。harrow-f19

vfasdfgz - コピー

 う蝕検知液という、むし歯菌に感染した歯質を赤く染める特殊な液体を使い、感染歯質を除去しました。薄くオレンジ色に染まっているところは、削合してはいけません。その理由は、削りすぎになってしまうからです。せっかく、切削量の少ない治療がコンポジットレジン修復なのに、元も子も無くなってしまうからです。harrow-f19   favga

 コンポジットレジンを、充填しました。この歯の治療はこれで終了で大丈夫です。これで、完璧に治っていると思います。感染した歯質の取り残しも、ありません。完治と思って大丈夫です。

治療が難しいケースの例

1・精神的に歯科が苦手な方

2・麻酔が効きにくい方

よくある質問

Q.セカンドオピニオンで、ひまわり歯科に行きたいのでが、いいですか?

A.良いです。セカンドオピニオンの場合は、保険外診療になります。

Q.遠いですが、行ってもいいですか?

A.遠い方は、最寄りの歯科医院でご相談ください。

Q.コンポジットレジンだけ、ひまわり歯科で、治療して、その他の歯は別医院で、治したいですが良いですか?

A.当院では、1口腔単位で診療を行っているので、他の医院との混合診療は行っておりません。

当院から、難治性の根尖性歯周炎や、難抜歯は他院に紹介という形をとります。