さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

ドクターが返信します

お問い合わせ

虫歯治療

decayed

HOME > 虫歯治療

コンポジットレジン充填

 

 c05f88b7 ab1a0a82

  治療前                                 治療後

 

 

虫歯治療で、臼歯部に、コンポジットレジン充填(プラスチックの詰め物)を行いました。

 以前は、虫歯になったらインレーなどで治していましたが、当院では、インレーは基本的に行っておりません。(例外として、前の医院でインレーを作った場合、二次虫歯になってきた場合、当院でもインレーになる場合が多いです)

しかし、コンポジットレジン修復でも、万能ではありません。

虫歯治療で大切なのは、本来ならば、虫歯を作らないことです。自分の生まれ持った歯にはかないません。

虫歯を作らないことが、何より最善な治療なのです。

コンポジットレジンは歯の表面(エナメル質)部分には強く接着しますが、歯の中身の象牙質という部分への接着耐久性はエナメル質よりはるかに低くなってしまいます。でも、虫歯治療程度なら大丈夫です。



私は、仲村勝文、東京医科歯科大学教授のもとで研鑽をつみましたので、お任せください。

 

治療も、ど見沼区の歯医者、ひまわり歯科での「虫歯治療」は、今までの虫歯治療で不可能だった治療を可能にしていきます。

今までの治療法では歯を大きく削ったりする必要があった歯でも、歯にとって少ない侵襲性で一回で終わることができる新しい治療法です。

なので、今まで、治療法にためらいがあった方でも安心です。


CR接着修復法のしくみ。

歯の治療というと、今までは「歯を大きく削る」というイメージがあり、実際に治療のために健康な歯を削る場合も多かったです。

でも、接着技術の向上と共に、今の虫歯治療は大きく変わりつつあるのです。

そのひとつが、「接着修復法」です。

接着技術の向上によって、今までは金属を流し込むのに必要な所は、削らないといけなかったのですが、そこの部分だけ削合すればよくなりました。

この虫歯治療に貢献しているのが、歯に強く接着する性質のある特殊なボンドです。

科学研究者の間では、口腔内は、水にぬれているため、不可能とされていました。

「コンポジットレジン」は、現在、虫歯治療などで広く普及している、白い詰め物です。

昔は銀歯になってしまう虫歯も、最近ではコンポジットレジンを充填することにより、一回の治療で銀色ではなく、白い色に修復する治療が一般的になりつつあります。

コンポジットレジンは、固まらせる前の状態では、お餅のような柔らかいねんど状ですが、青い光をあてると硬く固まる性質があります。

この面白いチクソトロピーの性質を使い、色々な歯の形を作り虫歯治療をおこないます。

コンポジットレジン接着修復法は新しい技術で、歯科医師のテクニックに大きく左右される部分が大きいため、現在はまだ隣接面を治療できる歯科医師は限られています。

 

治療に関するお問い合せは、こちらまで。