さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

ドクターが返信します

お問い合わせ

入れ歯(義歯)

dentures

HOME > 入れ歯(義歯)

入れ歯

ひまわり歯科の得意分野のよく噛める入れ歯です

IMG_3410
←さいたま市 見沼区 の ひまわりで作成した入れ歯(義歯)この入れ歯は、コーヌスデンチャーと言います。


IMG_3406内側を見てみましょう。
(入れ歯を拡大してみると、、、)。入れ歯(義歯)金属フレームの骨格に、凹状の装置がついています(入れ歯ですけれどもよく噛めます)
見沼区の入れ歯この凸状の部分が義歯の凹状の部分にはまりこんで、さいたま市見沼区のひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯))維持力を発揮します(さいたま市見沼区のひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)入れ歯は抜けにくいです)。
その他当院作成の義歯。ぴったり適合し良くかめています。IMG_3973-002

IMG_3036←筋形成総入れ歯 ボーダーがしっかり出ているので落ちません。


IMG_3219←古い総入れ歯の裏打ちも、承っております。新しい義歯が入るまで、これで食べます。

IMG_0720←NSP義歯(部分入れ歯です)

IMG_3294筋形成義歯の筋肉の位置の調整中


  IMG_3323余剰レジンのモノマーを水洗しています。この工程がないと吐き気の原因になります。


IMG_3332旧義歯を使って型取りをしています。


DSC_0477その型の合わせて、下顎義歯を作ります。そうすることによって、下の入れ歯が吸着するようになります。

IMG_3044←保険総入れ歯です。保険の入れ歯も、最近はめっきり作ることが減りました。

「インプラントはちょっとやりたくないな。」
「入れ歯を持っているんだけど、結局合わなくて使わなくなってしまった。」


という患者さんにおすすめなのが、ここに説明する精密義歯です。

よく噛めます。

まずは、精密義歯についての話をいたします。さいたま市見沼区ひまわり歯科では、精密入れ歯というよく噛める入れ歯を作成しています。入れ歯だけれどもよく噛みたい患者さんは、精密入れ歯がいいでしょう。入れ歯の中では一番よく噛めます。

 精密入れ歯の利点は、非常に薄い 金属のフレームを使った入れ歯なので、しならないで、がっちり噛める義歯だということです。金属の薄いフレームでできているので、強く噛みこむことができ、またの強みは、見た目でワイヤーが見えないの義歯(入れ歯)と他人から分かりにくいのです。

精密入れ歯は、残っている歯の形をととのえて金属をかぶせ(内冠)、この内冠にぴったり重なる外冠を入れ歯側に連結させ、二重構造の維持装置で固定させる入れ歯のことです。。精密入れ歯(義歯)は内冠、外冠を密着させてはめ込む使い方が特徴で、吸着、密着が強いので、全体を小さく作ることが可能なため、違和感が少なく、管理しやすいという利点があります。

支台歯に無理な力がかからないので、バネ式の日本では一般的な入れ歯と比べ、ひまわりでつくった入れ歯(義歯)は残っている歯の保護ができます。金属のバネは歯の表面を抱え込んだ形なので目立ちますが、さいたま市見沼区ひまわり歯科でつくったコヌス(義歯)は金属部分が表からは見えないのできれいです。

入れ歯の先進国のドイツでは、日本で一般的な入れ歯は、残った歯に負担が大きいので、一切作ってはいけない決まりになっています。


院長が、コヌス入れ歯(義歯)を特にお勧めする理由
【フィット】さいたま市見沼区のひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は歯科医がみて吸着性に優れている(入れ歯)さいたま市見沼区
【きれい】さいたま市見沼区のひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は金属部分が見えず、全体を白い歯の外冠で被うので審美性が高い(入れ歯)さいたま市見沼区
【なるほど】さいたま市見沼区のひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は力学的にも理にかなった二重冠構造で、歯科も納得して進めています。(入れ歯④【咬める!】さいたま市見沼区のひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は咬み合せが自然である
やさしいひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は残存歯の保護(自分の歯に負担がかからない)ができるので、推薦する歯科も多い。
清潔ひまわり歯科で、ひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は着脱が容易で洗浄もしやすい
【低違和感ひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は面積を小さくできるため、異物感が少ない
ドイツ当院でつくった入れ歯(義歯)は丈夫!クラスプ式に比べて破損が少ない。歯科医からも安心しておすすめできます。


以上のように利点がたくさんあるのですが工業的に高度な技術が必要な事や、精密入れ歯作製そのものを取り扱っていない入れ歯医師が多いなどの課題もあります。しかし優れた機能性や清潔管理のしやすさなど、総合的な観点から判断して完全にお勧めできる入れ歯なのです。このようにさいたま市見沼区ひまわり歯科でつくった入れ歯には利点がたくさんありますが、技術的に難しく作れる職人が少ないという問題もあります。(入れ歯は歯科医師が作るのではなくて職人が作ります)

さいたま市見沼区のひまわり入れ歯でつくった入れ歯(義歯)は、残っている歯の形をととの えて金属をかぶせ(内冠)、この内冠にぴったり重なる外冠を入れ歯側に連結させ、二重構造の維持装置で固定させる入れ歯のこと(入れ歯)。入れ歯(義歯)は内冠、外冠を密着させてはめ込む使い方が特徴で、吸着、密着が強いので、全体を小さく作ることが可能なため、違和感が少なく、管理しやすいという良い点があります。非常によく噛めます。低侵襲性の使用感や管理のしやすさなど、総合的に判断し、一番良い入れ歯です。インプラントが登場する前はコヌス入れ歯が一番噛める入れ歯でした。

もっとよく噛みたい人には、、、継手(つぎて)義歯(入れ歯)もあります。さいたま県さいたま市見沼区ので入れ歯(義歯)の制作を希望なさっている患者さんは、歯科医師吉田仁の手がける継手義歯&コヌス入れ歯(義歯)をおつくりいたします