さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

お問い合わせ

院長ブログ

blog

認定衛生士

2022年08月05日

カテゴリ:ひまわり歯科の日常

新人衛生士が認定衛生士試験に無事合格しました!!

 
 
この度、歯科衛生士の認定試験に無事合格しました。
 
認定歯科衛生士とは、普通の歯科衛生士より ちょっとレベルが高い歯科衛生士です。
 
今回は、窒息に備えた練習と、AEDの練習と、人工呼吸の練習と、アナフィラキシーショックに備えた練習をを主に行いました。

臨床歯科麻酔管理指導医を院長は持っています。

臨床歯科麻酔認定歯科衛生士に新卒で入ってきた2人が無事合格しました。一人は新卒で、もうひとりは中途入社です。

歯科医師法と、歯科衛生士法、それと、厚生労働省の今までの指導をもとに、練習を重ねて知識の十分にある歯科衛生士は、歯科診療補助の一環として表面麻酔などを行えるようになります。

セミナーでは、緊急救命処置や、AED、誤飲や誤嚥の対処法を総復習し、最後に認定試験を受けて合格になりました。

JDAで、(正式には一般社団法人日本歯科医学振興機構)総復習したこの手技を、臨床に生かして治療に邁進したいと存じ上げます。

認定登録が終わったあとは、2年毎に免許の更新があります。

 

臨床歯科麻酔認定衛生士1患者さんのために、より一層レベルの高い歯科衛生士として成長していきます。

今回の実習をもとに、私は歯科医師のもと診療補助の技術を増進させることができました。

歯科衛生士としての仕事は、心技体すべてが揃ってこそ、患者さんにやっと満足していただけるものと存じます。

今後は患者さんのために、邁進していきますので、よろしくおねがい申し上げます。

 

臨床歯科麻酔認定衛生士2人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの実習を通して、私は、人のためになるような歯科衛生士になろうと思いました。

このセミナーを受ける前の私は、患者さんがユニット上で倒れて心臓マッサージや人工呼吸や、AEDが必要な場合でも、院長にすべて頼って、きっと何もできなかったでしょう。

それに、骨折してでもいいから心臓マッサージなんてきっと無理だったと思います。AEDを貼ることすらできなかったとおもいます。

患者さんに印象材が詰まってしまったときもハイムリックもできなかったと思います。無駄に背中を叩いて、バキュームで吸って、救護に時間がかかってしまったと思います。

受かったから、日々頑張っていきたいです。

 


「臨床歯科麻酔管理指導医」、「臨床歯科麻酔認定歯科衛生士」という認定制度に合格した歯科医師と歯科衛生士のチームになれました。当院は合計4名全員が認定歯科衛生士の資格を取りました。


認定試験に合格した人だけが「臨床歯科麻酔管理指導医」、「臨床歯科麻酔認定歯科衛生士」になれます