さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

ドクターが返信します

お問い合わせ

院長ブログ

blog

HOME > 院長ブログ > 入れ歯 > コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー

2015年06月16日

カテゴリ:入れ歯

今日はコーヌスデンチャーのお話です。

コーヌスデンチャーはドイツの入れ歯です。

IMG_3410

IMG_3406

コーヌスデンチャーとは

コーヌスデンチャーとは、歯にセメントで合着した銀歯と、入れ歯と合体した白い歯が精密にくっつくように作られた入れ歯です。

外のクラウンと中のクラウンは、お茶の筒のように、くっつきます。


コーヌス入れ歯は、最近ではインプラントに取って代わられ、制作している歯科医院が少なくなってしまいましたが、入れ歯では、最高の入れ歯なのです。インプラントに抵抗がある患者さんには、見た目がよく、よく噛めるコーヌス入れ歯は、一番ピッタリの入れ歯です。


コーヌス入れ歯の特徴

    入れ歯を引っ掛けるバネがないので見た目が良い
    ぴったりなので、自分の歯のように噛める
    小さく、異物感が少ないため、食事が美味しく、発音も不自由でない
    歯の寿命を延ばすことができる(特にグラグラの歯に対して)
    残った歯が駄目になって抜けた場合でも修理しながら、何年も長期間使用することができる
このような利点があるので、インプラントに疑問がある場合ピッタリの治療法なのです。