さいたま市見沼区の歯医者、歯科医院

スマホ用メニューボタン

048-684-0919

受付 9:30-13:00/14:30-19:00(木曜・日曜休診)

ドクターが返信します

お問い合わせ

院長ブログ

blog

HOME > 院長ブログ > むし歯治療 > 小さい虫歯の治療

小さい虫歯の治療

2017年03月03日

カテゴリ:むし歯治療

小さな虫歯 完治までの5ステップ

1.

C2dsf一見すると、穴はないですが、奥から二番目の歯の溝が灰色っぽくなっています。これが小さな虫歯です。この程度の大きさの虫歯は実際には穴が開いているようには見えません。実際にあいているかどうかは、D-ファインダーという道具を使って調べたり、レントゲンで調べたり、レーザーで調べたりします。

2.

DSC_0651修復処置の前に、まず、歯石をとります。そのあと、タービンという、高速回転器具で歯を削って虫歯の穴を見ていきます。黒く見える部分が虫歯です。これは絶対に取り残してはいけません。

3.

DSC_0652むし歯だけ削れる特殊なドリルで少しづつ削っていきます。

4.

DSC_0653こんどは、取り残しが無いように虫歯菌に感染した歯を赤く染めだして、赤いところを虫歯だけ削れる特殊なドリルで削ります。先駆筋層は虫歯菌がいるわけですから、ひまわり歯科では、虫歯菌だけを染め出す特殊な液体で染色して、その部分のみ丁寧に除去しております。

5.

DSC_0654歯の色をした特殊な樹脂を詰めて治療終了です。お疲れさまでした。